Volcanology and Geofluids Research Group


本文へジャンプ

火山学・地質流体研究分野  


 本研究室では、東北日本弧に代表される活動的な沈み込み帯を対象に、島弧−海溝系の発達プロセス、プレートの脱水過程と地震発生との関わり、マントルや地殻内における流体相の移動・反応プロセス、マグマの生成・上昇・定置・分化・噴火メカニズムなどについて、フィールド調査・岩石や造岩鉱物の化学分析・高温高圧実験・数値シミュレーションなどの多様な手法を用いて、実証的な研究を行っています。



 お知らせ


* 論文が出ました!
Y. Huang, H. Guo, T. Nakatani, K. Uesugi, M. Nakamura, H. Keppler(2021) Electrical conductivity in texturally equilibrated fluid-bearing forsterite aggregates at 800℃ and 1GPa: implicationgs for the high electrical conductivity anomalies in mantle wedges,Journal of Geophysical Research, Solid Earth, e2020JB021343, DOI:10.1029/2020JB021343.
M. Mujin, M. Nakamura, M. Matsumoto(2021)In-situ FE-SEM observation of the growth behaviors of Fe particles at magmatic temperatures, Journal of Crystal Growth, 560-561, 126043(2021), DOI:10.1016/j.jcrysgro.2021.126043.

T. Nakatani, S. Sugaya, M. Yasui, S. Okumura, M. Nakamura(2021) Amorphous silica coating on flank deposits of the 1783 CE eruption at Asama volcano, Journal of Volcanology and Geothermal Research, 411, 107149(2021), DOI:10.1016/j.jvolgeores.2020.107149.
S. Okumura, H. Ishibashi, S. Itoh, A. Suzumura, Y. Furukawa, T. Miwa, H. Kagi(2021)Decompression experiments for sulfur-bearing hydrous rhyolite magma:Redox evolution during magma decompression, AMERICAN Mineralogist, 106(2), 216-225, DOI: 10.2138/am-2020-7535.
Y. Huang, T. Nakatani, M. Nakamura, Catherine McCammon(2020) Experimental constraint on grain-scale fluid connectivity in subduction zones, Earth and Planetary Science Letters, 552, 15(2020), DOI:10.1016/j.epsl.2020.116610.


* 受賞などのお知らせ
*無盡真弓(助教)が2021年度日本火山学会研究奨励賞を受賞しました。「ナノスケール火山岩岩石学の創出とその噴火ダイナミクスへの応用」
http://www.kazan-g.sakura.ne.jp/J/page_tpl_88.html<2021.5>

2019年度火山学会秋季大会において、櫻井亮輔(口頭発表:マグマ中のメルトの蒸発凝縮作用におけるハロゲンの効果)が学生優秀発表賞を受賞しました。
http://www.kazan-g.sakura.ne.jp/J/page_tpl_51.html へのリンク<2019.12>
日本鉱物科学会2019年年会において、
藤田和果奈(D3)が日本鉱物科学会2019年年会研究発表優秀賞を受賞しました。<2019.9>
*International Symposium & School on Crystal Growth Fundamentalsにおいて、無盡真弓(助教)がSunagawa Poster Awardを藤田和果奈(D2)がMing Naiben Poster Awardをそれぞれ受賞しました。


過去のお知らせ
 >>

 連絡先

* 住所
   
〒980−8578
   宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6−3
   東北大学大学院理学研究科地学専攻 
   地球惑星物質科学講座 
   火山学・地質流体研究室


* 研究室: 
理薬キャンパス合同A棟9F


Last updated: 2011.1.25


since 2008/10/12: