Volcanology and Geofluids Research Group


本文へジャンプ

火山学・地質流体研究分野  


 本研究室では、東北日本弧に代表される活動的な沈み込み帯を対象に、島弧−海溝系の発達プロセス、プレートの脱水過程と地震発生との関わり、マントルや地殻内における流体相の移動・反応プロセス、マグマの生成・上昇・定置・分化・噴火メカニズムなどについて、フィールド調査・岩石や造岩鉱物の化学分析・高温高圧実験・数値シミュレーションなどの多様な手法を用いて、実証的な研究を行っています。



 お知らせ


お知らせ

*2016年日本地球惑星科学連合大会において、新谷直己(M2)が2016年学生優秀
発表賞を受賞しました。(2016.5.20〜25)

* 論文が出ました!
Toru Matsumoto, Akira Tsuchiyama, Kentaro Uesugi, Tsukasa Nakano,
Masayuki Uesugi, Junya Matsuno, Takashi Nagano, Akira Shimada, Akihisa
Takeuchi, Yoshio Suzuki, Tomoki Nakamura, Michihiko Nakamura, 
Arnold Gucsik, Keita Nagaki, Tatsuhiro Sakaiya, Tadashi Kondo, 
Nanomorphology of Itokawa regolith particles: Application to
space-weathering processes affecting the Itokawa asteroid
Geochimica et Cosmochimica Acta, 187, 195-217.


* 論文が出ました!

Takayuki Nakatani and Michihiko Nakamura, Experimental constraints on
the serpentinization rate of fore-arc peridotites: implications for the
upwelling condition of the slab-derived fluid, G-Cubed (Geochemistry, Geophysics,
Geosystems), Accepted manuscript online.



* 論文が出ました!

Takeyasu Abe, Takahiro Kuribayashi, Michihiko Nakamura

OH defects in synthetic xenotime (YPO4)

European Journal of Mineralogy

DOI: 10.1127/ejm/2016/0028-2526 Published on March 2016, First Published on March 06, 2016



* 論文が出ました。 (2015.11 First published online)

S. Otsuki, M. Nakamura, S. Okumura, and O. Sasaki (2015)
Interfacial tension-driven relaxation of magma foam: An experimental study,
Journal of Geophysical Research, Volume 120, Issue 11, November 2015, P 7403-7424, DOI: 10.1002/2015JB012391


* 論文が出ました. (2015.05 First Published Online)
S. Okumura, K. Uesugi, M. Nakamura, and O. Sasaki (2015)
Rheological transitions in high-temperature volcanic fault zones,
Journal of Geophysical Research Solid Earth, Volume 120, Issue 5, May 2015, P 2974-2987, DOI: 10.1002/2014JB011532

2015年日本地球惑星科学連合大会において、中谷貴之(M2)、松本恵子(D2)、無盡真弓(D2)、大谷真理(M2)2015年学生優秀発表賞を受賞しました。(2015.5.24〜28)

平成26年度 青葉理学振興会において、無盡真弓(D1)黒田チカ賞を受賞しました。(2015.3.13)


2013年度日本火山学会秋季大会において、松本恵子(M2)、無盡真弓(M2)、柳田 泰宏(M1)日本火山学会秋季大会 学生優秀発表賞を受賞しました。(2013.9.29〜10.1)

2012年度日本火山学会秋季大会において、松本恵子(M1)、無盡真弓(M1)日本火山学会秋季大会 学生優秀発表賞を受賞しました。(2012.10.14〜16)

松本恵子M1)、中谷貴之(M2)がBest Student Poster Award, G-COE Symposium 2012, "Volcanic processes: from deep to the surface"を受賞しました。(2012.9.28)


* 論文が出ました。 (2014.5 First published online)

M., Mujin., M., Nakamura, A nanolite record of eruption style transition, GEOLOGY, 42, DOI: 10.1130/G35553.1.


* 論文が出ました。
 (2013.10)

S., Okumura, M., Nakamura, Uesugi, K., Nakano, T., Fujioka, T., 2013, Coupled effect of magma degassing and rtheology on silicic volcanism, Earth and Planetary Science Letters, 362, 163-170, DOI: 10.1016/j.epsl.2012.11.056.
S., Yoshimura and M., Nakamura., 2013, Flux of volcanic CO2 emission estimated from melt inclusions and fluid transport modelling, Earth and Planetary Science Letters, 361,497-503.

* 論文が出ました。 (2012.11)
K., Matsumoto and M., Nakamura, Syn-eruptive desulfidation of pyrrhotite in the pumice of the Sakurajima 1914-15 eruption:Implication for potential magma ascent rate meter,Journal of Mineralogical and Petrological Sciences,107,206-211.



* オープンキャンパスのお知らせ (2013.7.31) (終了しました。)
  本研究室の公開実験(7/30・31): 「黒曜石から発泡したマグマを作る」 詳細はこちら

* 実施プログラムのお知らせ
 ひらめき★ときめきサイエンス 
「ボルケーノクルーズ〜火山噴火の脅威としくみを探ろう〜」(2012.11.17〜18)
「地下深部の水〜地震や火山噴火を起こす黒幕の姿をみてみよう〜」(2013.8.3)
                                   詳細は
こちら

* H24年度火山流体討論会の配布試料→こちらです。
過去のお知らせ
 >>

 連絡先

* 住所
   
〒980−8578
   宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉6−3
   東北大学大学院理学研究科地学専攻 
   地球惑星物質科学講座 
   火山学・地質流体研究室


* 研究室: 
理薬キャンパス合同A棟9F


Last updated: 2011.1.25


since 2008/10/12: